個人型と企業型の違いは?会社員は誰でも利用可能?

個人型と企業型で違いがあるのか

確定拠出年金制度は、その名の通り将来の年金を積み立てる制度です。これまでの年金制度は確定年金が多く、将来の年金があらかじめ分かるようになっていました。生命保険会社などが用意する個人年金が代表的な商品で、運用は生命保険会社が行っています。確定拠出年金は、拠出額が確定しているものの運用は自分で行います。将来いくらもらえるかは年金を受ける時でないとわかりません。制度としては個人型と企業型があります。企業型は、企業が運営母体となり企業が拠出をします。そして従業員が運用します。持ち運べる退職金制度の意味合いが強いです。規約によって、従業員も拠出ができます。個人型は自分で拠出をして自分で運用します。自分で用意する年金の仕組みになります。

企業型を利用している人は利用できるか

個人型確定拠出年金は、以前は退職金制度のない人が自分で将来の退職金、老後資金を作る仕組みとして用意されていました。ただ、退職金制度を持つ人も将来の退職金や公的年金の給付額に不安を持つようになっています。新たにサラリーマンや公務員など退職金を受けられる人も利用できるようになりました。ではすべてのサラリーマンが利用できるかです。まず、退職金制度を持たない企業の従業員は以前から利用でき今後も利用できます。新たに企業型確定拠出年金のみに加入している会社員、確定給付企業年金に加入している会社員が利用できるようになりました。ただし、企業型に加入して自分でも拠出できるマッチング拠出の仕組みがあると利用できません。

個人型確定拠出年金はiDeCoまたはイデコと呼ばれ、自分で年金を作る年金制度です。掛金を自分が決めて自分でお金を出す仕組みです。掛金は全額所得控除の対象で、確定申告時に税金の還付が受けられます。