絵を描くのが苦手!そんな貴方にアドバイス

苦手なら、まずはしっかり見ることを覚えよう!

「きっと絵が上手い人は、何も見ずにスラスラ描けるんだろう」そんな風に思っていませんか?実は私自身もそう思っていたのですが、そんなことないんです。いくら上手いプロの方だって、しっかりと参考資料などを見て描いていることもあります。絵が上手くなるには、まずは模写からというのをよく聞きます。なので、まずはお手本をしっかりと見て、お手本に近い絵が描けるように頑張りましょう!

はじめは優しく薄く。筆圧に気をつけてみよう!

筆圧が強いと、どうしても線がくっきりと出てしまって、自分の絵が余計に目立ってしまうものです。それに加え、線が濃いと、後からの修正もしにくくなります。なので、はじめは筆圧を緩め「こんな感じかな」と、大体の形をほわっと薄く描いてみて、いい感じだなと思ってきたら、その上からなぞるように描いてみると仕上がりも良くなるはずです。「下書き」のような感覚で、まずは薄く描いてみましょう!

慣れてきたら、次は試しに人の顔を描いてみよう!

「いきなり人の顔」と思ったかもしれませんが、これにはきちんとコツがあります。今回は、その中でも有名で簡単な基礎的な描き方を少しご紹介いたします。まず、自分の描きたい顔の大きさ分くらいの円を描きます。その次に、円の中の中心より、少し下くらいに長く横棒を描き、その上からさらに十字になるように縦線を描きます。この十字線は、人の顔を描くのに当たり顔の中心を示すものです。なので、左右対称なイラストが描きやすく、大変便利です。そこから先へ行くと、目の位置や眉毛の位置・耳の位置などといった細かいものが出てくるのですが、初めはイラストなどを見本にして描くとわかりやすいかと思います。

イラストの講座とはイラストや絵が上手くなりたい人や、プロが実践している手法を学ぶことが出来る講座のことをいいます。