信頼できるビットコイン!その理由を3つ紹介

ビットコインが最初に誕生した仮想通貨

ビットコインは2009年に誕生していますが、2番目に誕生した仮想通貨であるライトコインは2011年発行です。たった2年しか差がないようにも思えますが、仮想通貨の歴史自体がまだ短いので、圧倒的に歴史がある仮想通貨がビットコインというのが現状です。最初に誕生したというブランド力は大きく、開発陣も充実しています。時価総額ランキングではずっと1位をキープしています。

アルトコインには怪しいプロジェクトが多い?

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼び、現在は2千種類以上も発行されています。ところが、アルトコインの多くはプロジェクトの内容がない詐欺コインだったり、プロジェクトが実現できずに消えてしまうものだったりします。2014年頃に多くの仮想通貨が誕生しましたが、そのうち多くは現在は消えているかプロジェクトが止まっているそうです。怪しいプロジェクトが多い中、最も歴史が長く時価総額ランキング1位をキープし続けているビットコインの信頼性は高いです。

ビットコインの問題は克服できる?

ビットコインはいくつか問題も抱えています。スケーラビリティ問題が最も大きな問題かもしれません。そのほかにもイーサリアムが持っているスマートコントラクトの機能がついていないという点や、匿名性の機能がついていないという点をデメリットとしてあげる人もいます。スケーラビリティ問題はライトニングネットワークという解決策が提案され、実験が進んでいます。また、スマートコントラクトや匿名性の機能をつけるというプランもビットコインにはあるようです。イーサリアムなどの第二世代の仮想通貨に比べて劣っているわけではないのです。

ビットコインでFXとは、文字通り仮想通貨を用いたFX取引のことで、自分のが預けた証拠金より多いお金で取引することができます。