あなたはもう知ってる?社会保険労務士の仕事内容

人事労務管理のアドバイスを行う

企業には、さまざまな雇用形態の人が働いています。正社員の人もいれば、パートの人もいます。期間を限定して働いている人もいるでしょう。企業は、働いている人たちに対して労災保険や健康保険などの加入手続きなどを行っているのですが、それらについてアドバイスするのも社会保険労務士の仕事です。雇用形態によって、労災保険や健康保険などの加入手続きに迷うケースがあります。企業の総務だけでは判断しきれず、社会保険労務士に判断を求めることも多いです。そのため、企業の総務から相談があった場合は、的確なアドバイスができるようさまざまな知識を蓄えておく必要があります。法律が変わることもあるので、その都度対応ができるよう、常に情報収集するよう心がけることが大切です。

コンサルティングのアドバイスを行う

企業が今後のコンサルティングについて社会保険労務士に相談をするケースがあります。企業の体制を見直すために相談されたり、社員についての相談をされたりすることも多いです。「社員のモチベーションアップのために給与体系を見直したい」「離職率が高いので、離職率を下げるための工夫がしたい」といった相談を受けることもあるでしょう。その場合、社会保険労務士は、企業のコンサルティングについて的確にアドバイスを行う必要があります。企業のデーターをもとに分析したり、他の企業が取り入れて成功した事例などを調べたりしてアドバイスするとよいでしょう。親身になって相談に乗ることで、企業からの高い信頼を得ることができます。

社会保険労務士の就業規則に関する豊富な知識と経験をうまく活用することによって、会社を健全な状態で持続させることができます。