法人デビットカードってどこで選べばいいの?

法人デビットカードって?

法人デビットカードってそもそも何なのかという人も多いのではないでしょうか。デビットカードとは、クレジットカードと同じ様に買い物などをする際の決済で利用が可能なカードです。各クレジットカードブランドのデビットカードがあり、基本的にはそのブランドが使用できるところであればクレジットカードと同じ様に使用することが出来ます。というと、クレジットカードとの違いがどこにあるのかと思う人も多いかもしれません。

クレジットカードとデビットカードの大きな違いは、クレジットカードは後日使用した分が引き落とされるという形ですが、デビットカードは基本的にリアルタイムで銀行口座から利用した分の金額が引き落とされます。デビットカードは引き落としに指定した銀行口座にある残高までしか使用することが出来ないのです。つまり、法人デビットカードは法人口座と繋がったデビットカードということになります。

法人デビットカードのメリット

法人デビットカードのメリットには様々なものがありますが、代表的なものとしては「使いすぎない」というものと「審査に通りやすい」ということが挙げられます。使いすぎないに関しては、そもそも即時引き落としなので銀行の残高以上には使えないのでストッパーがかかっているということです。審査に通りやすいということに関してですが、法人デビットカードに関してはほぼ無審査と言って良いでしょう。ただし、法人デビットカードを作成するためには法人口座が必要です。法人口座は場合によっては厳しい審査があるので、法人口座がある場合であればほぼ間違いなく法人デビットカードは作れるということになります。

法人デビットカードの選び方

法人デビットカードの選び方ですが、まずは年会費が無料か有料かを確認しましょう。無料だから良いという訳ではなく、法人デビットカードは利用額に応じてポイントやキャッシュバックがあります。年会費が無料と有料では、このポイントやキャッシュバックに大きな差が付いていることがあります。どれくらい利用するのかをよく考えた上で、年会費を上回るメリットがあるかどうかなどを判断することが大切です。

また、付帯保険の有無もよく考えなければなりません。これも年会費の有無などによって付帯保険の種類が変わるなどといったこともありますし、事業の内容によって必要な保険の種類も変わるでしょう。どのような使い方をするのかをよく考えて決めるということが、法人デビットカードの選び方において最も大事なことと言えます。

法人のデビットカードは起業後すぐ利用が可能なカードです。また法人クレジットカードよりも還元率が高く事業経費のコスト削減になります。